So-net無料ブログ作成

ビッグダディの印税収入は? 自叙伝「ビッグダディの流儀」(主婦と生活社)の自ら明かした契約内容

スポンサーリンク




前妻の美奈子さん(30)が、テレビに出演して高視聴率を獲得するなど勢いが止まらない。

本の出版やテレビ出演、雑誌取材などで、かなり儲かっている様子!!

その前妻の活躍する中、元夫のビッグダディこと林下清志さん(48)は、どんな状況なのか?

林下清志.jpg


ビッグダディも自叙伝「ビッグダディの流儀」(主婦と生活社)は、4月26日に発売以降、爆発的な売れ行きを示した。




 出版当初はAmazonの「本のベストセラー」ランキングの上位を占めていたが、さすがに今はすっかり落ち着いて、同ランキング・ベスト100の圏外に転落。

同ノンフィクション部門では、46位(6月12日13時現在)にランクされている。



同社では同書の発行部数が12万部を超えたことを公表しており、一般人の著書としては、驚異的だ。

ただ、同時期に元妻・美奈子さん(30)が出版した告白本「ハダカの美奈子」(講談社)は20万部を超え、本の売り上げではビッグダディが完敗を喫した格好だ。



美奈子さんに出版戦争で敗れたとはいえ、12万部はベストセラーで、ビッグダディの懐には印税がガッポリ入ることになる。

その印税契約について、ビッグダディが一部スポーツ紙の取材に、「8%」と明かしている。



同書の定価は1050円(税込)で、8%となると、1部あたりの印税はおおよそ84円。12万部で1000万円超の“ビッグな”印税収入となる。


また、ビッグダディは、第2弾として、レシピ本の出版が内定している。

さすがに、こちらは購買層が限られるため、「ビッグダディの流儀」ほどのバカ売れはしないだろうが、知名度を生かして、それなりの売れ行きは期待できそうだ。

 
小豆島(香川県)時代は散々だった本業の接骨院も、盛岡(岩手県)に居を移してからは、新幹線停車駅から徒歩10分という地の利や、人口の多さが要因となって盛況だという。



これまで、貧乏キャラで番組作りをしてきたビッグダディだが、本業での仕事も軌道に乗り、副業でも、印税収入などでガッポリ儲けているのだから、今度からメディアに出演する時は、貧乏キャラではなくてリッチなおじさんキャラになって、キャラチェンジする必要がありそうだ。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。